読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よもやまごと

一日いちにち生きてりゃいろいろあるわね。

焼き昆布の味噌汁

朝ごはんプロジェクト。

それは昨晩の夫の一言から始まった。

…要約すると、夕方になると空腹すぎて作業効率が落ち、それからダラダラ仕事をするから帰るのが遅くなる、と。昼食はとれないことの方が多いからせめて朝食は食べたい、と。おにぎりと味噌汁だけでいいから作ってくれ、と。

夫は、朝が苦手でなかなか起きられず、朝はコーヒーだけというのがいつものスタイルだった。たまに時間に余裕があるとパンくらいは食べていたけど。

が、きっと夕食も食べず遅くまで帰りを待つ妻のことを考えてくれたのだろう。そして、ご飯を食べてなくて力が出ないからダラダラ仕事してしまうのだ!と思いついたのだろう。

で、がんばって早起きするから朝ごはん作って、と。

(そもそも寝るのが遅いから…とかあなたが起きるのが遅いからコーヒーしか出せないんだけど…用意したって時間がないからって言って…とかはさておいて。)

わたしがちょっと早起きして朝ごはんを作るだけで作業効率が上がると、朝からわたしのおいしいご飯が食べたいと、そう仰るのなら!

やってやろうじゃあ、ありませんか!!!

(夫と過ごしていたらポジティブ思考になってきた気がする)

昨晩眠る前に献立を考えてはヨダレを飲み込み、起きてみて今朝ですよ。

これもまた土井先生のアプリで学んだ焼き昆布。

昆布って焼くと表面がぽこぽこと膨らむのよ。(見た目ちょっとキモチワルイんだけどね。)

焼いてぱりぱりになった昆布を手で割って、青梗菜と焼き目をつけたベーコンと一緒に

昆布にぼし出汁にぱらぱらり。

おにぎりはただのおかかおにぎりにしたので、少しおかず感のある味噌汁にしよーと思って、ベーコンも入れてみた。

(土井先生曰く、ベーコンは和食で言えば油揚げと同じ!栄養価もプラスされよい風味が出て満足感ばっちり、とのこと。)

時間になったのに起きてこず、起こしに来たわたしに朝から軽く小言を言われ、普段朝食なんてまともに食べないから食べ始めるのに時間がかかったけれど完食してくれて、今日もわりと元気に仕事に行ってくれたからよかった!

今日で仕事納め、という日にご要望どおり朝ごはんを用意してあげられてよかった!

また新年仕事始めから、それなりにおいしい朝ごはんを作ろうと決意した。

焼き昆布は湯に入れるまではパリパリしてるのに、湯に入れた途端にやわこーーくなるところが味わい深く、よいと思う。

広告を非表示にする